英検二次試験に落ちる人の特徴3つ!受かるための勉強法とは?

英検
この記事は約8分で読めます。
Pocket

こんにちは、杖氏(@tsueshi-blog)です。

まずは一次試験合格おめでとうございます!

あとは二次試験を合格するのみですね。

英検二次試験の合格率は一次試験に比べて高めに設定されているものの、油断はできません。

この記事では英検二次試験に落ちる人の特徴を3つと、勉強法3つを紹介します!

英検二次試験に落ちる人の特徴3つ

英検二次試験は3級が最も短く5分、1級は10分程度行われます。

試験時間がそれほど長くないことから、内容や問題もシンプルです。

また問題の出題方法や、その傾向は過去の問題から予想できます。

そのことから英検二次試験は十分に準備すれば、まず落ちることはないでしょう。

ここでは英検二次試験に落ちる人の特徴を3つ紹介します。

英検二次試験の流れがわからない

英検二次試験はどの級でも、同じような流れがあります。

大まかには、下のようになります。

  • 入室して、受験票を渡す
  • パッセージを受け取り黙読の後、音読する
  • パッセージに関する問題
  • パッセージを裏返し、質問

これらのことをあらかじめ分かっていないと、焦ってしまうことになります。

英検のウェブサイトにある、バーチャル2次試験を受験することをオススメします。

英検二次試験のパッセージにわからない単語がたくさんある

英検二次試験のパッセージは、意味を理解するとともに発音を知っておかなくてはいけません。

そのため一次試験の時よりも単語を確実に覚えてなければいけません。

単語帳を使ってもう一度覚えなおすのと同時に、発音やアクセントも覚えるようにしましょう。

面接本番で緊張しない

二次試験本番で、「焦ってしまって言葉がつっかえてしまう。」「面接官の質問が聞き取れない」といったことが考えられます。

これらはリスニング力とスピーキング力が足りないのではなく、緊張による場合が多いです。

本番で緊張しないようにするには、十分な準備が必要ですよね。

英検二次試験の予想問題集を使えば、本番さながらの練習ができます。

英検二次試験に合格するための3ステップ

英検二次試験に受かるための3つの勉強法を紹介します。

面接の練習には、学校の先生などの相手がいるとなお良いですね。

英単語の発音を確実にしよう

さきほども紹介しましたが、パッセージにある単語の意味や発音をしらないと減点されます。

1次試験の勉強で単語の意味だけを覚えていても、発音も覚えておく必要があります。

単語帳を使って発音も覚えるようにしましょう!

英検のウェブサイトにあるバーチャル二次試験を使う

英検のウェブサイト上にあるバーチャル2次試験では、英検二次試験の流れを知ることができます。

何秒間パッセージを黙読するのか、いつパッセージを裏返すのかなどを覚えておきましょう。

もしも試験官の指示と違うことをしてしまった場合、それだけで減点されることもあります。

先生と練習することでリスニングとスピーキングに慣れる

先生や友達と予想問題集を使って勉強することで、面接に慣れることができます。

僕も英検二次試験を受験してみて感じるのは、慣れることの重要性です。

ぶっちゃけ英検二次試験不合格の人のほとんどは、ぶっつけ本番で受験しているからではないでしょうか。

パッセージの文章を読んで、どのような問題が出るのかを予想できるようになれればベストですね。

英検二次試験は準備さえしておけば合格間違いなし!

下の記事によると、英検二次試験の合格率は3級が最も高く約90%。

最も合格率が低いのが1級で60%となっています。

English Navi 英検二次試験の合格率-2019年最新の合格率って公表されてるの?

一次試験にくらべて合格率はとても高く設定されているので一次試験を合格できるあなたなら面接試験も問題ないでしょう!

それでは杖氏(@tsueshi-blog)でした。

ごきげんよう〜

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました