英検2次試験(面接)のコツまとめ!スピーキング対策の勉強法とは?

英検
この記事は約7分で読めます。
Pocket

こんにちは、杖氏(@tsueshi-blog)です。

英検3級からは面接式の2次試験が行われます。

この試験は全体の点数の25%を占めており、非常に重要です。

学校ではライティングと同じように、スピーキングの授業はほとんどありません。

この記事では、自分でスピーキングの勉強を始める前に知っておきたいスピーキング試験の勉強法とコツを紹介します!

英検スピーキング試験とは?

英検3級から始まる2次試験とは、スピーキングの能力を問う試験です。

試験官と1対1の面接を行います。

英検3級なら5分程度、準2級なら6分程度と級が上がるごとに面接時間も長くなります。

現在は公表されていない英検2次試験の合格率ですが、3級は90%以上らしいですよ(ボソッ)。

級ごとに違いがあるものの、8割以上が合格できるそうです。

緊張しないで、練習通りに受けるのが大切ですね。

英検スピーキング試験の勉強法

英検2次試験はバーチャル2次試験というページで練習することができます。

英検 バーチャル2次試験

このページを使えば、2次試験の流れをつかむことができますよ。

また「各級の試験内容・過去問」というページでは2次試験の過去問と回答例も載っています。

各級の試験内容・過去問

僕のオススメである、旺文(おうぶん)社の英検過去問題集を使えば、さらに多くの回数練習できます。

学校や塾の先生など、練習相手がいるとより本番に近い状況で練習することができますよ。

英検スピーキング試験のコツ

前もって準備すれば、緊張しない!

さきほど紹介したバーチャル2次試験過去問を最大限に活用しましょう!

入室後の自己紹介や、退室前にカードを返却することも覚えておけば、焦ることもありません。

学校の先生などを面接官の代わりにして練習するといいですね。

分からない単語があれば、、、

スピーキングテストに必要な単語は1次試験よりもカンタンです。

それでもカードに書かれた文章に意味や発音の分からない単語があるかもしれません。

音読の時にはぼやかしながら、面接官にバレないように発音しましょう(笑)

答えはシンプルでいい!

例えば英検3級のスピーキングテストでは、短い1つの文章で回答するだけでかまいません。

“What do you like to do on weekends?” “I like to play soccor.”
” What is your hobby?” ” My hobby is reading books.”

これらのように、質問にはシンプルに答えるようにしましょう。

解答に書かれている回答例を参考に、どのような文章で答えるべきなのかを知っておくといいですね。

英検スピーキング試験は難しくない?

さきほども紹介したとおり3級2次試験の合格率はとても高く 10人中9人が合格です。

これまで勉強した内容を思い出しながら、緊張せずに受験すれば問題ないでしょう。

きちんと準備すればきっと大丈夫!

それでは杖氏(@tsueshi-blog)でした。

ごきげんよう〜

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました