【ドイツ・ハンブルグ】チョコレート博物館でチョコ作り!甘い物好きにはたまらない!

海外
この記事は約4分で読めます。
Pocket

こんにちは、杖氏(@tsueshi-blog)です。

ドイツ・ハンブルグでどうせなら行ってみたい観光スポット、チョコレート博物館について紹介します!

チョコレート博物館では様々な種類のチョコレートを買えるだけでなく、チョコレート作り体験もできますよ!

ハンブルグで作られている地チョコ(?)も買うことができます(笑)

チョコレート博物館で買うべきオススメの商品があるので僕の感想を読んで、購入を考えてください。

この記事ではチョコレート博物館への行き方、チョコ作り体験の料金などについて紹介します!

ハンブルグ中央駅からも近く、特に子供が楽しめる施設となっています!

チョコレート博物館とは?

チョコレート博物館はドイツ・ハンブルグにある、チョコレート販売とチョコレート博物館ガイドツアーの施設です。

チョコレート博物館ガイドツアーとはチョコレート作り体験ができる解説付きのツアーのことで、チョコの歴史・作り方などを学ぶことができます。

また自分好みのチョコレートを作ることができるこのツアーは中学生以下の子供に非常に人気です。

子供と一緒でないと少し恥ずかしいかも(笑)

チョコレート売り場には普通の板チョコの他にも生チョコやチョコレートドリンク、ハンブルグで作られているチョコなどを購入することができます。

チョコレート博物館への行き方

チョコレート博物館はハンブルグ中央駅(Hamburg Hbf)から南に歩いて10分ほどです。

こちらの記事で紹介した、ミニチュアワンダーランドに行く途中にあります。

チョコレート博物館の予約待ち時間にミニチュアワンダーランドに行くのも手ですね。

チョコレート博物館ガイドツアー3つのポイント

チョコレート博物館では様々なチョコレートを購入できる他に、チョコレート作りを体験できるガイドツアーもあります。

個人的には試食がいっぱいあって嬉しかったです(笑)

自分だけのチョコを作れる

ガイドツアーでは、自分好みのチョコレートを1から作ることができます。

ミルクチョコとビターチョコを選べたり、トッピングを選べたりととても楽しいです!

個人的にはミルクチョコが美味しかったですよ!

チョコの歴史を知れる

ガイドツアーの始めには、チョコの歴史について学ぶコーナーがあります。

ガイドさんの解説と一緒に、チョコレートの歴史について学びましょう!

歴史だけでなく、地理にも役立つと思います。

チョコの作り方を学べる

実際に使われているグラインダー(豆挽き機)

ガイドツアーではチョコレートの作り方を目の前で学ぶことができます!

カカオ豆からどうやってチョコレートになるのかを実際の機械から学ぶことができます!

チョコレートになる途中のものを試食できますよ!

チョコツアーの予約・料金

ガイドツアーには1回90分ほどかかります。

平日の昼間に行ったら非常に混んでいて、かなり待ったので予約しておくのが吉ですね!

また英語のガイドは1日に2回しかないため、あらかじめ時間を確認してから訪れるようにしてください!

ガイドツアーの料金は日によって異なります。

安い日には大人12ユーロ、小人10ユーロです。

高い日は大人17ユーロ、小人12ユーロとなります。

詳しくはチョコレート博物館のホームページを確認してください。

チョコレート博物館 ホームページ チケット予約 英語

チョコレート博物館で買ってよかったもの

ziajaのカカオバターハンドクリーム

チョコレート博物館で買ってよかったものはziaja(ジャヤ)という会社のカカオバターハンドクリーム。

ポーランドの会社ですし、イギリスなど他の所でも買えるようです。

特にチョコレート博物館限定というわけではありません(笑)

液体系だけど、けっこうドロっとしてる

僕はドロッとしたクリームと、カカオの甘い香りがとても好きです!

シアバターとはまた少し違ったいい香りですね。

また肌にすぐ吸収されるので、ベタつきが長引くことがありません。

チョコレート博物館の奥の方に置いてあって、テスターもあるのでぜひ試してから買ってみてください!

チョコレートうまー!

ヨーロッパで売られている板チョコは、日本のチョコレートと比べて甘さが少ないように感じます。

カカオバターの使われている量も少なく、健康的なんだそうです。

ハンブルグに来たらぜひチョコレートについて学んでみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだアナタにオススメ!

それでは杖氏(@tsueshi-blog)でした。

ごきげんよう〜

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました