【ドイツ旅行】ハンブルグの治安は良い・悪い?ハンブルグ中央駅では注意が必要かも!

海外
この記事は約3分で読めます。
Pocket

こんにちは、杖氏(@tsueshi-blog)です。

先日ドイツのハンブルグへ旅行へ行ってきました!

ドイツは基本的に治安が良く、治安が悪い場所には警察がたくさん配備されています。

ヨーロッパの他の国と違って、電車や町中でスリや強盗にあうことはほとんどないでしょう。

しかし完全に安心できる、というわけではないですね。

かばんから目を離したり、夜に出歩くのは気をつけるべきでしょう。

この記事ではハンブルグの治安と気をつける場所・時間を紹介します!

ハンブルグの治安は良好!

ハンブルグは基本的に治安が良く外国人旅行客や移民も多いため、日本人だから狙われれるということはなさそうです。

治安の悪い地域には警察がたくさん配備されており、夜でも安心して外出することができます。

スリやひったくりといった犯罪はあまりないように感じました。

しかしドイツでも物乞いが一定数おり、言い寄ってくることもしばしば。

絶対にお金をあげないようにしましょう!

お金をあげたヒトは満足しますが、次に来たヒトに迷惑がかかります!

ハンブルグ中央駅付近では注意が必要!

ハンブルグ中央駅(Hamburg Hbf)付近、特に東口は物乞いやホームレスが多くいます。

昼夜問わずお金をせびってくるヒトがいたり、雰囲気はよくありません。

西口にはあまりいない警察が、東口にはたくさんいます。

ハンブルグに東アジア人は少ないので、比較的目立ちます。

夜間に1人でハンブルグ中央駅に近づくことは避けましょう!

夜間の外出は控える!

ドイツの治安が良いと言っても、やはり夜の行動には気をつけたいですね。

女性や子供はもちろん、1人での行動はやめておきましょう。

酔っ払っている人にからまれる可能性もあります。

実際に僕はホステル近くのお店で小競り合いが起き、お店のガラスドアが壊されるのを見ました!

ドイツ人はガタイがいいので、もしもからまれたら怖いですね。

もしも物乞いにからまれたら

駅前だけでなく、西口のショッピングストリートにも物乞いはたくさんいます。

彼らは食べ物やお金をせびってきますが、絶対に無視しましょう!

他の物乞いから目をつけられる可能性がありますし、「アジア人はお金をくれる」と思われる可能性があります。

アナタだけでなく、次に観光に来た人に迷惑がかかります!

もしも彼らを助けたいと思うなら、ボランティアやNPOなどに寄付をしましょう!

良心が痛むかも知れませんが、これは観光客にとってのマナーでもあります。

ハンブルグは気をつければサイコーな街

ドイツ・ハンブルグは治安も良く、怯えながら旅行する必要はありません。

十分な準備をしておけば十二分に楽しむことができるでしょう!

お酒もご飯も美味しいですので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだアナタにはこちらもオススメ!

それでは杖氏(@tsueshi-blog)でした。

ごきげんよう〜

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました