【英語文法】高校1年生のための、解決法

この記事は約6分で読めます。
Pocket

英文法の内容は高校受験で終わらせてしまった。ところどころ分からないところがあるけど、大きな問題は無い。というあなたへ。

はじめに

高校生の英文法、つまらなくないですか?

ほとんどの内容は中学校の復習ですよね?

僕も高校1年のときは英文法の授業(復習)をつまらなく聞いていました。

先生の説明もつまらないし、内容もつまらない。他の生徒は寝ていたり、内職していて、釣られて自分も同じことをしそうになってる。

でも大学受験のことを考えると、どうにかしてこの状態を変えたい。。。

というのが本音じゃあないでしょうか?

その状態を変えるきっかけになるようなコツを紹介します!

僕も英語表現(英文法の授業の名前)を話半分で聞いていた先輩として、でも2年生のはじめには偏差値70を取れたヒトとしてアドバイスしますね!!!

英文法の授業の中身

高校で習っている英文法の内容は、高校受験で大体習いましたよね?

それもそのはず、仮定法以外の文法は中学英語の延長として扱われているからなんです。

大学受験でも難易度は上がるけれど、さほど内容は変わりません。

つまり問題集を解き始めても問題ないわけです!!

(多分センター試験の大問1〜3を解いてみても、単語が難しいだけで解ける問題もあります)

つまらない授業の解決法

テキストを解き終える

それではどのようにしてつまらない授業を、少しだけでも面白くできるでしょうか?

それは学校で配られたテキストを授業中に、「先に」「全て」終わらせてしまうことです。

先生の教え方が悪くても、テキストは素晴らしいものが多いです。復習内容ですし、問題で分からないところがあっても、自分で解決できるはずです。

そこで、「関係代名詞がまだカンペキじゃなかった〜」とかの発見があればラッキー!!

センター試験過去問を解いてみる

センター試験の過去問を解いてみましょう!!

文法の内容は大体わかっていますし、大問1~3は文法の内容も多く出題されます。

今のレベルを知りましょう!!

(多分単語が全然わからないはず…)でも安心してください!!!

逆に、高校1年生なのにこれだけ解けるんだ!と自信をつけましょう。

問題集を解いてみる

英文法ファイナル問題集という問題集が僕のオススメなんですが(高校時代イロイロ使ってみたけどこれが自分に合ってた)、これを購入か借りて解いてみましょう!!!

学校で購入したものや自分の好きな一冊があったらそれでもかまいません。

ファイナルはセンターよりも難しく、私立大学受験向けです。

大学受験や英会話でよく出てくる表現も多く出てきているので、大学受験の後にも役に立ちます!

正直めっちゃムズかしいです!

高校1〜2年生のうちに解けるようになるのが目標ですね。

「Forest」や「Vintage」、「Next Stage」という参考書は持っていますか?

わからないところがあったら、その部分だけを見返して、穴を無くしましょう。

それも終わったら

ファイナル問題集が終わったとしたら、もしくは同時進行で他の勉強もしておきたいところです。

正直なところ、ファイナル問題集が解けるようになったら高校の定期試験のための勉強はしなくていいです。

つまり受験勉強や英検などにシフトしていくということですね。

このくらいになると、クラスメイトや他の受験生よりも相当の差ができていてココロの余裕があるはずです。

受験勉強

大学受験は高校受験よりも単語が難しくなります。

例えば高校受験に必要な英単語が1000~1500語と言われますが、大学受験では4000以上が必要となってきます。

その分長文が難しくなります。

そこでぜひ受けてみたいのが英検2級です。

英検の勉強

英検は合格して満足するためにあるのではないです。

大学受験の暇つぶしだと考えてください!

英検2級は高校2年生の5月、準1級は3年生の5月までに取れたらいいと思います。

英検を受ける目的は、明確な目標を持つことでのモチベーションアップと単語・長文問題を解くことにあります。

学校の授業はつまらないですが、自分で勉強して英検に受かるというのはとても嬉しいです。

また学校ではあまり勉強しない単語や長文問題をいっぱい解く必要があるので、これらのレベルを上げることができます。

英検2級と準1級はレベルが結構違うので、ココロが折れやすいです。TOEICを受けてみるのもオススメですよ!

英語の勉強は楽しみたい!

英語はやっぱり楽しんで勉強したい!

そのためには学校よりも早くすすんで優越感を得たり、英検に合格することがとても大事です。

でもそれだけではモチベーションは上がらないものです。

楽しく勉強する方法はないでしょうか?

自分にあった勉強法を探してみましょう!!!

リスニング

一番いい解決法はリスニングだと思います。

長文や単語はもう飽き飽きしているし、ライティングやスピーキングは自分だけでは勉強できないですよね?

(洋書を読むのは、難しすぎるのでオススメしません)

例えば、好きな洋画を字幕付きで見てみる。洋楽を聞いて歌詞をコピーしてみる。などいくつか勉強法はあります。

洋楽

海外の歌手の音楽をYouTubeなどで聞くことは、英語の勉強にカウントします。

ただ聞くだけでなく、歌詞をコピーしたり、和訳したり、自分なりの勉強法を探しましょう。

TED talks

TEDを知ってますか?

YouTubeのアカウントで、そこでは英語のプレゼンテーションを聞くことができるんですが、大体が難しい単語を使っていたり、話すスピードが早かったりします。

でも一部はゆっくり・わかりやすいプレゼンがあったりします。

オススメの動画を3つ紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!!

TEDで楽しく英語学習!短い動画3選!

NHK World

次に英語のニュースを聞くことをオススメします。

洋楽ではくだけた英語なので、どちらかというと受験に出てくるような単語が多くでてきます。

もちろんCNNやBBCなど海外のニュースを聞いてもいいのですが、とてもむずかしいです。

まずは日本人がしゃべるキレイな英語を聞くことから始めましょう。

慣れてきたら段々とBBCなどを聞いてみてもいいかもしれませんね。

僕の方法

僕は家から学校までが電車で1時間かかりました。そしてNHK Worldは毎日7時から始まります。

そこで毎日7時の電車に乗って、毎日15分くらいニュースを聞きながら通学してました。

残りの時間は本を読むなり音楽を聞いていました。

電車に乗るのと同時だと、忘れることもないしオススメです。

洋画

洋画を見ることはもちろんオススメです。言うまでもないですね。

1回目は字幕付きで、2回目は字幕なしで、などと自分なりに工夫してみるといいかもしれません。

おわりに

自分のペースで、毎日20分などと決めながら勉強すれば、絶対に英語力は上がります。

僕は朝に15分英語を聞いて、帰ってから毎日15分文法とかイロイロ勉強してました。

それで十分です。一日15分でいいので勉強しましょう。

(結論)やっぱり自分にあった勉強法を探すしか無い

あと受験のための勉強はかったるい。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました