【マレーシアのルール】間違えたらマズい!マレーシア独特のマナーとイスラム教の習慣5つ!

マレーシア
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、杖氏(@tsueshi-blog)です。

東南アジアにあるマレーシアはイスラム教徒が多いことから、イスラム教のルールが重要視されています。

他の国と同じように、豚やお酒などを飲まないヒトもいます。

またマレーシアには独特の文化やルールがあり、知らないで間違えてしまうと大変です!

この記事ではマレーシアで気をつけるべきルールやマナーについて紹介します!

この記事を読めば安心してマレーシアを旅行できますよ!

イスラム教のマナー

マレーシアの国教(国の宗教)はイスラム教です。

国民の多くが信仰している宗教なので、イスラム教のルールにのっとった生活や行動をしなくてはいけません。

イスラム教で一般的に気をつけるべきルールを3つ紹介します!

【女性】服装のTPOを知ろう!

イスラム教では、女性が肌を見せるのを禁止しています。

マレーシアの都心部には外国人も多くいるため、そこまで気をつけなくてもいいかもしれません。

しかし地方に行く場合は長袖長ズボンを着るようにしてください!

またモスクでは長袖長ズボンはもちろんのこと、スカーフを付ける必要があります。

日焼け対策だと思って、薄い長ズボンを選ぶといいです。

マレーシアは日本に比べて湿度が低いため、長袖長ズボンでも比較的過ごしやすいですよ!

異性への握手は厳禁!

男性と男性、女性と女性での握手は珍しいことではありません。

マレーシアでは異性との握手は、家族かカップル、またはとても仲のいい友達に限ります。

相手が求めてきた場合にのみ、握手をするといいです。

左手は不浄の手?

イスラム教で左手は不浄の手とされ、左手を使う時は気をつける必要があります。

例えば、「握手」「指をさす」「モノを渡す」などがあります。

左利きは特に気をつけなくてはいけませんね!

マレーシア独特のマナー

あいさつの時の言語

マレーシアはマレー系・インド系・中華系の3つの民族が共生する多民族国家です。

マレー人とマレーシア人は違う!?間違って使うとマズい、マレーシアの複雑な民族事情について

もし現地の人に話しかける場合は、それぞれの民族に合わせて言語を変えなくてはいけません。

もしも見分けがつかない場合や言語を知らない場合、とりあえず英語で話すといいでしょう。

ただし田舎に行けば行くほど、英語が通じるヒトも少なくなるので注意が必要です。

マレーシアで英語は通じる?都市・民族ごとに比較!

指をさすとき

さきほど指を指す時は右手を使うように、という注意をしましたがもう1つマレーシア独特のマナーがあります。

それは人差し指を使わないということ!

マレーシアではヒト・モノ・地図などを指差す時に人差し指を使ってはいけません。

親指や小指を使うようにしましょう。

また方向を指差す時は、「グー」の手のまま方向を示すことが多いですよ!

リスペクトすることが大事!

やはりそれぞれの国ごとに事情が違いますから、その国のルールやマナーに従うことが必要ですよね!

そうすることで現地に馴染むことができ、友達も作りやすいのかもしれません。

郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、その国の文化・風習を守りながら楽しむのが1番ですね!

特にマレーシアは3つの民族がいる、いわゆる多民族国家ですから、より気をつけなくてはいけません。

マレー人とマレーシア人は違う!?間違って使うとマズい、マレーシアの複雑な民族事情について

まとめ

いかがでしたか?

イスラム教やマレーシア独特のマナーについて紹介しました!

日ごろ行っている行動がマナー違反になることをしれたと思います。

マナーを守りながら、マレーシアを楽しみましょう!

もし日本でマレーシア人に出会ったら、試してみるのもいいかもしれませんね!

それでは、杖氏(@tsueshi-blog)でした。

ごきげんよう〜


コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました