【あいさつ】マレーシア/シンガポールの言語で「ありがとう」とは?マレー語・中国語・タミル語の3種類を比較!

マレーシア

こんにちは、杖氏(@tsueshi-blog)です。

東南アジアのマレーシアとシンガポールの言葉で「ありがとう」はなんでしょうか?

そもそもアナタはマレーシアとシンガポールの言語を知っていますか?

この記事ではマレーシアとシンガポールで使われる言語で「ありがとう」を紹介します!

マレーシアとシンガポールで使われる言語とは?

シンガポールという国は1965年にマレーシアから独立しました。

もともとは1つの国であったため、2つの国で話される言語に違いはほとんどありません。

マレーシアで話される言語はこちらで詳しく紹介しています。(シンガポールの言語もあまり変わりません)

【まとめ】マレーシアってどんな国?文化・言語・宗教などまとめました!これを読めばマレーシアが分かる!

マレーシアとシンガポールの公用語

マレーシアとシンガポールでは公用語に違いがあります。

マレーシアでは「マレーシア語」が公用語であるのに対し、シンガポールの公用語は「英語・中国語・マレー語・タミル語」の4つです。

両国はイギリスの植民地だったことや、民族間の共通語として英語が良く使われています。

また華人と呼ばれる「中華系マレーシア人」もしくは「中華系シンガポール人」も多くいるため、中国語も使われます。

英語が公用語でないマレーシアでは、どのくらい英語が通じるのでしょうか?

実際にマレーシアを旅行してみてわかった、どのくらい英語が通じる/通じないのでしょうか?

マレーシアで英語は通じる?都市・民族ごとに比較!

なぜ4つも言語があるの?

シンガポールとマレーシアで使われる言語はなぜ4種類もあるのでしょうか?

それはこれらの国に3つの民族がいるからです。

マレーシアとシンガポールはマレー系・中華系・インド系と3つの民族が入り混じり、アジアで最も多様性のある国家です。

またこれらの民族間でのコミュニケーションのために、英語が使われてきました。

そのため4種類の言語が使われているんですね!

マレーシア(シンガポール)の多様性について

あなたはマレー人とマレーシア人の違いを説明できますか?

マレー人とマレーシア人は違う!?間違って使うとマズい、マレーシアの複雑な民族事情について

マレーシアとシンガポールの言語で「ありがとう」

それではマレーシアとシンガポールで使われる言語の「ありがとう」を紹介します。

英語

世界中どこに行っても必要な英語。

マレーシアとシンガポールでも大活躍です。

とりあえずHiHelloと声をかけてみましょう!

きっと笑顔で答えてくれるはずです!

マレー語

Apa khabar?(アパ カバー)はマレー語で「お元気ですか?」という意味です。

初めて会うヒトにはマレー語で「こんにちは」などではなく、このあいさつを使うのが一般的です。

そのため「おはよう」や「こんにちは」などではなく、Apa khabar?と言いましょう!

レッツセイッ!「アパカバー?

中国語

皆さんごぞんじ、中国語でこんにちはは「你好」(ニーハオ)と言います。

若者は特に、中国語で教育を受けているヒトも多いため使う機会も多いでしょう!

とりあえず日本に観光しに来ている中国人にチャレンジしてみては?

タミル語

これらの言語でもっとも使う機会が少ないであろう「タミル語」。

リトルインディアや町中でインド系のヒトを見つけたら使ってみましょう。

タミル語で「おはよう・こんにちは・こんばんわ」は「ワナッカム」と言います。

タミル文字は難しいので紹介しません(笑)

4つの言語を学んでみて

1つの国の中に4つも言語があるなんて驚きですよね?

シンガポールの電車のアナウンスは4つの言語で行われます。

多様化は日本も学ばなくてはいけません。

アナタも多様性を感じてみてください!

それでは杖氏(@tsueshi-blog)でした。

ごきげんよう~


コメント

タイトルとURLをコピーしました