【顔の脂・皮脂】男子大学生が付けてよかった化粧水はこれだ!【乾燥肌】

この記事は約5分で読めます。
Pocket

はじめに

現役男子大学生の杖氏です。こんにちは。

僕はそもそも化粧品とかファッションに興味がなくて、あまり気にしていませんでした。

それでも緊張したり、外から帰ってくると顔に脂が出てきてテカっているのが気に食わなかったんですよ。

そこで調べてみると、「肌に水分が足りていない」とか「乾燥している」なんて言葉がイロイロ出てくるけど、あんまり解決策が分かりづらかったんですよね。。。

化粧水・乳液などなど、めんどくさい言葉がズラズラと出てきますよね???

そこでこの記事ではその原因と解決策を「カンタンに」説明しますね!

この記事を読むと、男子大学生にありがちなテカリを減らすことができます!

アナタにもストレスなく生活してほしい!!!

僕の悩み

僕の顔のテカリ(皮脂といいます)は、夏熱いとき・緊張する時・飛行機に乗る時の3つの条件で起きます。

僕の場合、脂は鼻とおでこにだけ出てきて、他の部位(ほっぺたやあご)はカサカサしたままでした。

あぶらとり紙を使ったり、ティッシュで拭いてみたりと、イロイロ試してみましたが根本的な解決にはなりませんでした。

それに人前でそういったことをするのが恥ずかしかったんですね。

そのため「皮脂を前もって取り除いて、対策したい!」と考えていました。それも、なるべく安く(笑)

なのでなるべく安く・手っ取り早く・カンタンに、皮脂が出ないための対策を紹介しますね!!

そもそも肌のテカリは何からくるのか?

皮脂が分泌されるのにはもちろん原因があります。それは乾燥です!!!

その乾燥はどのように起こっているのか?

それは肌が「保湿されない」もしくは、「乾燥したままになっている」という2つしかないですよね?

大学生という皮脂が多く分泌されやすい時期だからしょうがないと、その状態をほったらかしにしておくとタイヘンなことになります!

それぞれのケースごとに見ていきましょう!!

肌が保湿されない

肌には水分が貯められています。その水分はずっとそこにとどまっておくわけにはいきませんよね?

ということは水分をどうにかして足してあげなくてはいけません。

ではどうするのか?

そこで化粧水が出てきます!

化粧水は成分の多くが「水」で出来ており、肌に水分を届ける役割があります!

ではどのような化粧水を買えば良いのか?

これ一本で解決!

「無印良品」です。

無印では化粧水が、安く・十分な量・いろんな種類、売っています!

さすがはビンボーの味方「無印良品」ですが、、、

どの種類を買えばいいのでしょうか?

とりあえず「化粧水・敏感肌用  しっとりタイプ」を買えばいいと思います!!!

無印の化粧水には3つあります。さっぱりタイプ・しっとりタイプ・高保湿タイプ、です。

大学生のアナタの肌には高保湿はベタベタしすぎるし、さっぱりでは効果を感じられないかもしれません。

ちっちゃなボトルから大きなボトルまでたくさんあるので、小さなボトルで自分にあったタイプを探してみるといいですね!

ちなみに僕は、しっとりタイプで十分でした!!

400ccはいる大きなボトルと、同じく無印の「小分けボトル 50ml」を買って、詰替えながら使っています!

アナタはもしかしたら化粧水だけで十分かもしれません。

でも、もしアナタが「出る量は減ったけど、まだ完全ではない」という場合。

もう1つしなくてはいけないかもしれません。

そもそも化粧水とか乳液・クリームがわからない!!

カンタンに説明しましょう。

化粧水は肌に水分を与えるモノ。
乳液は肌に保湿成分を与えるモノ。
クリームはそれらを閉じ込めておくモノ。

美容液・クレンジングオイルといった用語を聞いたこともあるかもしれませんが、化粧を落としたりするために必要なモノなので、あなたには関係ありません!!

とりあえずこの3つだけを覚えておけばいいでしょう。

そしてこの3つのつける順番は、「化粧水→乳液→クリーム」という順番です。

では化粧水では十分でなかったアナタには、何が必要なのでしょうか?

乳液をつけてみる

さっきの説明に書いてあったように、化粧水は「肌に水分を与える」だけで、保湿をしてくれているわけではありません。(保湿=湿度を保つ)

つまり肌に水分を入れてあげたけど、すぐに逃げてしまっているということですね。

そこで登場するのが乳液です。

そして我らが「無印良品」です!!!

もちろん化粧水と同じように、さっぱり・しっとり・高保湿タイプの3つがあります。

ただしここでも同じようにしっとりを選べばいい!というわけではありません。

僕の場合は、化粧水で肌に水分を与えていますから、保湿はそこまでしなくていいみたいでした。

そのため一番保湿能力の低い「さっぱりタイプ」で十分だったんですね。

またこれらを付ける季節も気をつけておきたいです。

季節によって付けるものを変えよう!!

日本の季節は基本的に「冬は湿度が低い、乾燥している」、「夏はジメッとしてる、乾燥していない」という状態ですよね?

つまり空気が乾燥しているときにはもっと保湿をしなくてはいけないし、その逆もあるわけです。

つまりアナタは夏には乳液を付けなくてもよかったり、1つ下のタイプを付けるべきかもしれません。

時間が経って焦ることがないようにしておきましょうね!!

クリームは必要なのか?

それでは最後の砦、「クリーム」の説明をしていきます。

この記事を読んでいるアナタには、クリームは必要ないと思っています。

女性や年配のかたは、だんだんと汗をかく能力や皮脂を分泌させる能力が低下してきます。

クリームは化粧水で与えた水分と、乳液で与えた保湿成分を保持させる意味があることはわかりましたよね?

そして保湿成分は肌にとっての「食事」や「栄養」と同じコトです。

その栄養を与えすぎると、「ニキビ」「黒いポツポツ」「皮脂の分泌」の原因となってしまいます。

そのため冬や飛行機の中といった、すごく乾燥する時にのみ付けるようにしてください。

僕は飛行機に乗る時も乳液までで十分でした。

さいごに

いかがでしたか?

なるべくカンタンに、余計な内容ははぶいて説明してみました。

アナタも化粧水や乳液を使ってテカリを無くしましょう!

化粧品売場の店員さんに聞いてみるのも良いかもしれません!

それでは、ごきげんよう〜

僕が1年間イロイロ試してみてわかった、男子大学生に1番ピッタリなシャンプーも紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

【メンズシャンプー】男子大学生におすすめしたいたった1つのシャンプーとは?

Pocket

コメント

  1. […] 【おすすめ】男子大学生が付けてよかった化粧水はこれだ!【乾燥肌】 […]

タイトルとURLをコピーしました