これが立命館APUの現状!半分の生徒が外国人の大学!?

この記事は約5分で読めます。
Pocket

『混ぜる教育 80ヶ国の学生が学ぶ立命館アジア太平洋大学APUの秘密』

APUの基本情報

立命館アジア太平洋大学(通称APU)は大分県別府市にある私立大学です。学生の半数以上が外国人学生という日本で一番の国際大学となっています。

国際経営学部とアジア太平洋学部に分かれており、学生数は6000人と小さめの大学となっています。

APUについて詳しく知りたいなら、「アジア太平洋大学ウェブサイト」がオススメです。

この本を読もうと思ったキッカケ

僕はAPUの学生なんですが入学前にテンションを上げるために、どうせならと思って読んでみました。

APUを語るにはこの本が一番わかりやすいと思ったから今回紹介していきます。APUの良いこと悪いことをこの本を使いながら説明していきます。

そしてAPUをよく知らないあなたに、実際にAPUに通っている学生として意見や追加情報を出していきます。

APUを進学先として考えている学生や保護者の方に「APUってこんな大学なんだ!」と分かってもらうために読んでほしい一冊です!

実際のAPU生の割合って?

本当の生徒の割合を調べたことがないので実際に通っている生徒の目線から「いつものキャンパス」にいるヒトの割合を考えてみました。

APUの生徒を100人としたときのヒトの割合

49人・・・日本人

「学生の半分が外国人」などと題されてメディアに出たりするAPUですが、実は半分以上の生徒が国際生と呼ばれる、海外から来た生徒になります。

9人・・・韓国人

次に多いのがお隣の国韓国です。キャンパスに立っていて、よく耳にする言語の一つです。

上下関係が厳しく、韓国人同士のグループを作りやすいです。また韓国には徴兵制があるため、それにまつわる話をよく聞きます。

10人・・・中国(語圏)人

APUで最も目立つ外国人は中国人だ、と言っても過言ではありません。中国本土からだけではなく、台湾・香港・マカオ・マレーシアなどの中国語を話す人達がいます。

「僕はカナダ人だけど両親が華僑だから中国語を話せるんだ」なんてヒトも。

9人・・・東南アジア

アジア太平洋大学というだけあって、アジア圏からの生徒は国際生の多くを占めます。

特にタイ・インドネシアから来る学生が多く、ヒジャーブ(イスラム教徒の女性がかぶるスカーフ)をかぶった女子学生を多く見ます。

9人・・・南アジア

以外なことに南アジア(インド・バングラデシュ・ネパール・スリランカなどのカレーの国とか)からくる学生も多くいます。

彼らの作るカレーは非常に美味しいです(笑)

南アジアの発展途上国から来ている生徒は発展の遅さもあって母国で相当なお金持ちか優秀なエリートが多く来るイメージがあります。

8人・・・欧米

英語を母語とする学生は少ないAPUですが、もちろんそれらを母語とする生徒の他にヨーロッパからも多くの生徒がいます。

日本語が上手なヒトが少ないイメージです。

3人・・・アフリカ

アフリカから来る生徒はそんなに多くない気がします。そのかわりに紛争で有名な国から来ていてびっくりすることも。

また彼らの話す言語は日本では非常にレアなので、就職に有利なのでは?

大学院にはアフリカ出身の生徒の割合が増します。(そもそも日本人が全然いないんですけどね)

 

以上が(僕の日常で目にするヒト)の割合でした。しっかり調べたわけでもないですし、友達に偏りがあることは間違いありません。ので「大体このくらいか〜」くらいで考えてくださいね。

APUではどんな言語が話されているの?

1位 英語

1位はもちろん英語です。すべての国際生が(程度の差こそあれ)英語を喋ります。

困ったらとりあえず英語で話しかけてみましょう。仲良くなってから「え?日本人だったの!?」はAPUあるあるじゃないでしょうか。

僕は中国人によく見られるので、初対面だと日本人にも「Hello」と声をかけられたりします(笑)

2位 日本語

次はもちろん日本語ですね。日本人学生同士だと日本語で話しますが例えば、インドネシア人が「Yo what’s up!!(よお 元気?)」なんて声をかけてきたら英語に変わります。

でも英語をしゃべれないヒトも多いので….入学までに英語を喋れないと、ヤバイよ。

3位 中国語

次に中国語ですね。中国語圏から来る学生が多いのはもちろん、華僑や中国語の授業を取っている学生も中国語で話そうとしていますので、実際よりも多いヒトが中国語を喋ります。

ちなみにハーフのヒトは日本人学生にカウントされるので、中国人・韓国人は数字以上にいたりします。

4位 韓国語

韓国語は中国語と同じくらいに耳にする言語です。k-popの人気から韓国語の授業の人気は結構高かったりします。

韓国人同士のグループで行動することが多いので、カフェテリアなどではよく目立ちます。

APハウスのヒトの割合は?

65〜70%の生徒が国際生です。日本人学生は入試の結果によって入れるかどうかが決まります。

国際生は日本に慣れていないということで必ずAPハウスと呼ばれる学生寮で一年間生活します。

くわしくは、「APハウス生活はどうなの?」をご覧ください。

学部ごとではどうなの?

APUには2つの学部があります。会計・金融・マネージメントなどを学ぶ国際経営学部(APM)と観光・歴史・文化などを学ぶアジア太平洋学部(APS)です。

それぞれ特徴を選びながら紹介していきます。

APM

APMでは数学や統計を扱うことから男性の割合が多いように感じます。(とはいっても6割くらいだと思います。)また日本人よりも国際生の割合が非常に多いです。

数学やパソコンが好きだったり、マネージメントに興味がある人が集まっています。APSに比べて宿題が多かったり、必修授業が多かったりとちょっと大変かもしれません。

APS

ザ・文系というイメージのAPSですが、JICAや国連の元職員だったという先生が多く、授業も面白いです。

しかしAPMに比べて会社に必要な知識や経験が少ないため就職ではAPMのほうが有利といえるでしょう。

APMと比較すると女性が多く在籍しており、国際生よりも日本人学生のほうが少し多いイメージです。

おわりに

いかがでしたか?APUについて少し知ることができたでしょうか。他にも面白いプログラムなどを書いていきますのでぜひ他の記事も読んで見てくださいね。

APUの志望理由書の書き方・面接の受け方について

 

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました