【海外】長期滞在や留学に絶対忘れちゃいけないもの25選!電子機器から食べ物まで!チェックリストとして使える!

海外
この記事は約53分で読めます。
Pocket

こんにちは、杖氏(@tsueshi-blog)です。

海外交換留学や長期滞在の場合、ぜっっっっったいに忘れ物はしたくありませんよね?

向こうでの生活が不便になりますし、日本から送るのにも手間とお金がかかります。

そんな時に、この記事を読んでおけば大丈夫なようにチェックリストを作ってみました!

僕も今度海外に行くことがあれば、この記事を見ながら荷造りします!

この記事を読めば、海外留学・長期滞在に向けた荷造りがカンペキになります!

海外留学・長期滞在に必要なモノ チェックリスト!

海外生活で忘れたくないモノをまとめてみました!

電化製品から食品まで、1通りざっと見ておいてくださいね!

海外で必要な電化製品

電化製品は高価なモノが多く、なるべくなら自分の手で持っていきたいですよね?

意外と役立つのが延長コードですよ!

特にリチウム電池が入ったモバイルバッテリーなどは、国際郵便などでも送れないので重要です!

郵便局 国際郵便として送れないもの

延長コード

日本のコンセントAタイプの延長コードはとても便利です。

複数口がついているものであれば、日本から持ってきたパソコン・スマホ・モバイルバッテリーなどを同時に充電できます。

スイッチがついていると、夜ライトが明るすぎることがあるのでオススメしません。

またコンセントの口どうしが離れていると、パソコンの充電器のような太いモノでも隣に干渉することがないのでオススメです!

僕はアマゾンで買った、このエレコムの延長コードを愛用してます!!!

変換アダプター/プラグ

コンセントの変換アダプターは海外に行くなら必ず持っておきたいモノの1つです!

空港の売店などでも売っていますが、あらかじめ買っておいたほうが安心です!

また「古いアダプターをもう1度使おうとして、中のホコリでショートする」なんてことが起こらないように新しいものを準備しておきましょう!

ドライヤー

海外の安いホテルにはドライヤーがついていないこともしばしばあります。

また長期滞在やイロイロな国に行くのならドライヤーは持っていきたいですね。

海外の電圧に耐えられる製品を買うようにしましょう!

海外の高電圧に対応していない商品を使用するとショートなどを起こす可能性があり、非常に危ないです!

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーはこの記事でオススメしているAnkerの商品がオススメです。

【Anker Powercore Fusion 5000レビュー】絶対に買うべきモバイルバッテリー!

「Anker Powercore Fusion5000」はコンセントからスマホに直接急速充電できますし、十分な容量があるのでモバイルバッテリーとしても超有能です。

iPad/パソコン

iPadやパソコンは絶対に忘れられません。

海外の大学では基本的にパソコンを使って授業を進めます。

iPadはパソコンの代わりに使えますし、キンドルなど電子書籍を読むのにも役立ちます。

海外の教科書は紙で買うと高いので、僕は電子書籍で買うようにしています。

スピーカー/ヘッドホン/イヤホン

僕は飛行機の中で映画を見ることがないので、ずっとイヤホンかヘッドホンをつけてます。

ノイズキャンセリングがついた商品だと飛行機のエンジン音がほとんど聞こえないので快適ですよ。

またスピーカーはアニメを見る時に役立ってます(笑)

僕が2年くらい愛用しているオススメのイヤホンについても見てみてください!

買ってよかった!SONYのワイヤレスイヤホン「WI-1000x」を1年使ってみた!!【レビュー】

おどろきのノイズキャンセリングと音質のヘッドホンはこれがオススメです!

SONYワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」を3ヶ月使ってみた!【ヘッドホンレビュー】

海外で必要な食品

日本の食品や調味料は、アナタが日本食に恋しくなった時だけでなく、現地でできた友達を喜ばすことができます。

絶対に必要なモノではありませんが、スーツケースのスキマに忍ばせておくべきでしょう。

海外でも買える場合がありますが、よっぽど大きな街だったり、値段が日本の数倍したりなど、「やっぱり日本で買っておけばよかった」と思うことでしょう。

特に持っていきたいのは日本のお菓子です!

現地のヒトに喜ばれます!

日本のお菓子

日本のお菓子、特に抹茶味は外国人がもらって嬉しいお菓子ナンバーワンです!

日本の味・日本語で書かれたパッケージが珍しがられます。

僕は抹茶味のキットカットが1番人気でした!

留学の場合、寮のルームメイトやホストファミリーにあげると良いですよ。

サトウのごはん

日本食が恋しくなった時にサトウのごはんはオススメです。

サトウのごはんは電子レンジだけでなく、湯煎でも作ることができます。

内容量は200グラムと重く、国際郵便で送ろうとすると非常に高いです。

スーツケースの中にたくさん入れていくことをオススメします。

レトルトのパスタソース

「青の洞窟」「予約でいっぱいの店」などのシリーズはとてもオススメです。

特に現地で一人暮らしをする場合はカンタンに作れるパスタソースが良いですね。

「パスタなんてどこでも食べられるでしょ?」と思うかもしれません。

イタリアはどうかわかりませんが、僕が住むデンマークのパスタソースは美味しくないです(笑)

外食も高いので、安い・早い・美味しいの3点がそろったレトルトパスタソースはカンペキですね!

乾麺のうどん・そうめん・そばとめんつゆ

栄養はとても偏りますが、乾麺のうどん・そうめん・そばはパスタソースよりもカンタンです。

それよりも僕は料理を楽したいので、乾麺を持っていきました!

めんつゆも忘れずに持っていきましょう!

めんつゆは濃縮されたもの、水で薄めて使うものを選ぶとかさばらないのでオススメです。

日本食の調味料など

海外での生活が長くなればなるほど、日本食が恋しくなるものです。

しょうゆ・みそなどを使った料理は絶対に食べたくなります。

海外に持っていくべき日本食の調味料などはこちらの記事にまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

海外留学や長期滞在に持っていきたい日本料理の調味料・材料のオススメ9つ!

お箸

意外と忘れがちなのが「お箸」です。

海外ではお箸はまず売っていません、売っていても割り箸のような簡易的なモノです。

日本で木でできたお箸を1つ持ってくるべきでしょう!

海外で必要な小物

海外の生活で必要となる小物たちについてまとめてみました!

意外と忘れやすいのは爪切りです。

日本製は切れ味もよく、爪が飛び散らないので非常に便利です。

僕は完全に持ってくるのを忘れてしまって、めちゃくちゃ後悔してます(笑)

リップクリーム

リップクリームは海外生活で必需品です。

現地が寒い、もしくは暑い国だとすごく乾燥します。

飛行機内も非常に乾燥するので、リップクリームを1本買っておくべきですね。

ポケットに入るサイズなので、かさばることもありません。

リップクリームは、無香料・無着色・防腐剤フリーから選ぶべきです。

リップを塗ったあとに食事をして、味や香りが混ざらないようにするためです。

保湿成分のシアバターなどが入っているとなおよしですね。

保湿クリーム・化粧水

リップクリームと同じく、乾燥対策の保湿クリームはとてもオススメです。

海外で売られているクリームは日本人の肌に合わないことが多いので、日本から持って行ったほうがいいです。

もしも買い忘れてしまったら、海外で売られているクリームでオススメがあるのでこちらの記事を読んでみてください。

チェコ以外にもたくさんの店舗があります。

チェコ土産におすすめなボタニクスのオーガニッククリームを使ってみた!日本でも買える?

歯磨きセット

歯磨きセットは現地で買うのもいいですが、日本で使い慣れている商品を持っていくのが1番です。

僕の経験として(ヨーロッパと東南アジアでは)現地で買う商品と日本の商品で特に違うところはないです。

歯磨き粉は意外と重いので小さいのを1つだけ持つようにしています。

ポケットティッシュ

海外でポケットティッシュは日本よりも高いことが多くあります。

特に海外のティッシュは硬いことが多く、すぐに鼻が痛くなってしまいます。

そんなときに鼻セレブのような柔らかいティッシュを持っていると嬉しいです!

僕は1年間の留学に8パックも持っていきました!

ウエットティッシュ

海外のレストランや屋台ではおしぼりのサービスがありません。

そのため、自分でウエットティッシュを持っていくと安心です。

お子さんがいる場合は特に忘れられないですね。

飛行機の中はすごく乾燥するので、ふたを閉め忘れると1回のフライトだけで中身がカラカラになります。

ふたがキチンと閉まるやつを選んでくださいね。

2つ目の財布・パスポートケース

スキミング防止がついているとクレジットカードやパスポートがスキミングされる心配がありません。

2つの財布に現金を分けておけるので、もしスリにあっても被害が少なくてすみます。

日本の紙幣や免許証は海外では必要ないので、使わない方の財布に入れたままにしましょう。

【フランス・パリ】子供の集団スリに財布を盗られた!?その手口と対策も紹介!

スリッパ・サンダル・クロックス

室内やちょっとした移動の時に役立つのがサンダルやクロックスです。

僕の住んでいるデンマークの近所のスーパーではクロックスが日本の倍の値段がするので、持ってきてよかったです。

南の暖かい国だけでなく、寒い国でも結構使う機会があるので、スーツケースに余裕があったら入れたいですね。

胃薬・風邪薬

海外の胃薬や風邪薬は日本人の身体に合わないことが多く、国際郵便で送ることのできないモノです。

また国によっては国民カードを受け取ってから、など薬の売買に厳しいルールを設けている場合もあります。

小分けにした薬を少量ずつ持っていってください!

電動ひげそり

海外の電圧に対応している電動ひげそりを持っていきましょう!

PHILIPSとか海外の会社の商品だと海外の電圧に対応しているモノが多いです。

せっかく日本の延長コードを持っていくなら電動ひげそりも持っていきたいです。

ヨーロッパだと日本と同じ値段で売ってたりします。

タオル・バスタオル

タオル系は現地で買ってもいいと思います。

使い慣れているモノがあったり、最初の数日分のタオルは持っていきましょう!

タオル系は現地の物価を調べておくと良いと思います。

日本で買うよりも安く買える場合もありますし、その逆もあります。

シャンプー・リンス・ボディーソープの小瓶

海外生活最初の数日は荷物の整理などで忙しいですよね?

小さな容器に移したシャンプーなどを持っていきましょう!

ただし現地の水質が硬水の場合、その水質にあったシャンプーを現地で買いましょう!

日本のシャンプーは軟水に合わせたモノなので、硬水ではまったく泡立ちません。

日焼け止め

東南アジアなどの日差しが強い国に行くのなら、日焼け止めは必須です。

ただし日焼け止めは現地でも売っているはずですし、日本で売っているものよりもカバー力が強い商品もあります。

絶対に日本で買わないといけない商品ではないですね。

爪切り

「爪切りは現地で買えばいいやー」と考えているアナタ!

僕もそう考えていました。

海外の爪切りは切れ味が悪く、爪が飛び散ります。

日本のカバーがついているモノを持っていくと良いです。

意外とストレスがたまります(笑)

マウスウォッシュ

マウスウォッシュも現地で買うことができます。

しかし飛行機の中など、歯をみがけないところで液体状のマウスウォッシュは非常に役立ちます!

100ミリリットル以下の小さな容器であれば機内持ち込みが可能です。

じゃあ何を持ってけばいいわけ?

以上の17個が意外と忘れがちだけど大事なモノでした。

海外に持っていける荷物の量は限られていますから、アナタのスーツケースと相談しながら荷造りしてみてください!

海外留学や長期滞在に行くアナタにオススメの記事!

海外留学や長期滞在に持っていきたい日本料理の調味料・材料のオススメ9つ!

【カタール航空】ヨーロッパに行くならオススメしたい点7つ!思わず乗りたくなる格安航空会社とは?

それでは杖氏(@tsueshi-blog)でした。

ごきげんよう〜

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました