【学生】なぜ英検はライティングを勉強すると合格できるのか?


中学生や高校生のアナタにとって英検は欠かせないですよね?

推薦入試では志望理由書に書くことができますし、一般受験でも英検で勉強した単語がたくさん出てきます。

そしてどうせ英検を受けるなら合格したいです。

この記事では、英検に合格したいなら「ライティングを勉強するのがカンタンで早い」というのを紹介していきます!

リスニングにドキドキしなくても、単語帳をにらみつけるよりもカンタンな勉強法があるんです!!!

この記事を読めば、英検の「ライティング」への勉強の大切さを学ぶことができます!!

英検のライティングとは?

英検のライティング問題は、受験する級ごとに異なるものの

  • この問題についてアナタはどう思いますか?
  • 質問についてアナタは賛成ですか?反対ですか?

という2つの問題が出てきます。

準2級では50~60ワード、2級では80~100ワードというように、文字数も違います。

英検公式ホームページで、過去3回分の過去問を見ることができるので、確認してみてください!!

英検ホームページ 試験内容・過去問

なぜライティングを勉強するといいのか?

僕はなぜライティングを勉強するのが良いと言っているのでしょうか?

いくつかの理由を紹介します!

英検のライティングはカンタン!

アナタは今、単語帳を片手に勉強をしていませんか?

英検には単語力があれば、長文問題・文法問題・リスニングが解けると思っていませんか?

ではライティングはどうでしょうか?

最後にちょっとだけ勉強してみて、自分で丸付けや添削をすることもできず、、、

リスニングよりも、単語よりも、ライティングを勉強してください!!!

なぜかって?

英検のライティングはめっっっちゃカンタンだからです!!!

良く考えてみてください。

リーディングは満点をとっても、全体の25%しかもらえませんよね?

でもライティングは1問しかないのに、同じ点数が貰えるかもしれないんですよ?

しかもこれから説明する方法を使えば、「ライティングなんてヨユーで満点だ!」となるかもしれないのに?

それでも単語帳を持っていませんか?

まずライティングに意識をむけてみる

ライティングの点数は25%もある!?

さきほど、先走って言ってしまいましたが、ライティングは最大で25%(4分の1)の点数がもらえます。

しかも問題数は1問だけ

単語を10個覚えても1問正解できるかわからないですが、ライティングの方法を覚えればもしかしたら10問分の点数がもらえる可能性があります。

たった1問で点数が貰えるんだよ?

リーディングに使える時間が増える

リーディングとライティングは、合わせて〇〇分というように時間が決められています。

もしアナタがライティング問題に慣れていて、時間を節約できたら、、、

リーディングの時間が増えたってことですよね???

長文を早く解けるようになる必要がないんですよ?

結果として、他の点数も上がる

まとめ

どうしてライティングを勉強するべきなのか!?

・コツをつかめばカンタンに点数を上げることができる!
・25%の点数をゲットする
・他の問題に使える時間が増える

他にも、英検のコツを紹介しています!

【英検・ライティング】カンタンに書けるようになる書き方のテクニックとは!?


コメント

  1. […] 【学生】なぜ英検はライティングを勉強すると合格できるのか? […]

  2. […] 【学生】なぜ英検はライティングを勉強すると合格できるのか? […]

タイトルとURLをコピーしました