中国語初心者にオススメなYouTubeチャンネル6選!中国語を勉強するなら知っておきたい!

中国語
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、杖氏(@tsueshi-blog)です。

日本人にとって中国語を勉強する上で最も難しいのがスピーキングとリスニングです。

日本語や英語にはない声調や、少ない授業数のことを考えるとYouTubeを使って勉強したいところです。

そこでこの記事では中国語学習にオススメなYouTubeチャンネルを6つ紹介します!

中国語学習歴1年半以上の僕もたくさん使っているので、参考にしてください!

中国語学習にオススメな6つのチャンネル

「YouTubeを使って中国語を学びたいけれど、最初から中国人がベラベラしゃべるのは聞き取れない!」という不安は誰もが考えることです。

そこで日本語の字幕や解説がついていたり、聞き取りやすい中国語のチャンネルのみを集めてみました。

これらのチャンネルは、文法・発音・方言といった言語を教えてくれるだけでなく、台湾・中国などの文化なども教えてくれます!

李姉妹ch

中国語の聞き返しフレーズ!「何て言ったの?」

「李姉妹ch」はその名の通り、李姉妹がメインのチャンネルです。

中国生まれ日本育ちのこの2人は、中国語・中国の文化などについて教えてくれます!

特に正しいピンインの仕方、教科書では教えてくれない表現などが面白いですね!

このチャンネルは2018年の暮れ頃に始まった比較的新しいチャンネルですが、タメになるコンテンツがたくさんあります!

李姉妹TV

日文的缩短语!日常生活对话中离不开缩短语!

「李姉妹TV」はさきほどの「李姉妹ch」の姉妹チャンネルです。

このチャンネルでは中国語をメインに話すため、少し難易度が上がるかと思います。

しかし字幕やピンインがあるので、初心者に優しいですね!

残念なことにコンテンツの数が少ないので、今後に期待ですね!(2019/10/5)

Kevin in Shanghai

四种方言大PK:重庆话/闽南话/温州话/长沙话 Chinese Dialect Comparison Video Part 2

「Kevin in Shanghai」は中国人のKevinによる中国語と英語のチャンネルです。

中国と西洋の違いを、生活・文化・教育などの面から比較したりします。

僕のお気に入りは中国語の方言を比較する動画です。

この動画の他に台湾中国語と東北中国語の比較動画などもあります。

英語の字幕がついていることが多いので勉強しやすいと思います。

撒醬×日初Sachiko’s FirstDay

日文不可用第一人稱?男生講「哇搭西」被笑?私/僕/俺還被當媽寶!?該怎麼使用與差別?|Ask a Japanese Teacher! 日本語一人称の違い【撒醬先生搞日語】#3

「撒醬×日初Sachiko’s FirstDay」は日本と台湾の文化を紹介したり比較するチャンネルです。

日本と台湾のハーフであるさっちゃんが日本語と中国語の両方を使いながら紹介してくれます。

多くの動画にはどちらかの言語で字幕がついていますよ!

サンエン台湾 Sanyuan_TAIWAN

日本人困惑、台湾の電車の乗り方が難しい…

「サンエン台湾 Sanyuan_TAIWAN」は「三原JAPAN Sanyuan_JAPAN」の姉妹チャンネルです。

台湾の文化・旅行のおすすめスポットや気をつける点などが日本語で紹介されます。

動画を見ると台湾に行きたくなるので中国語を勉強するモチベーションアップにつながります(笑)

このチャンネルの中心である美人2人組のズズとマナがとてもかわいいです!

SAYULOG

【台湾旅行前の雑学】日本人が勘違いして覚えている中国語や台湾グルメの5つのこと 5 things so many Japanese mixed up about Taiwan

「SAYULOG」は台湾で会社員として働くSAYUさんが台湾について日本語で紹介してくれます。

ニュージーランドでも働いていたことのあるこの方は、会社員としての視点から台湾での生活についても紹介されています。

他のYouTuberとは違った視点から見た動画なのが良いですね!

中国語を勉強するならYouTubeを活用したい!

中国語は英語や日本語と違い、音の高さによって意味が異なる声調があります。

そのため実際に発音してみたり、ネイティブの発音を聞くことがより一層大切になります。

中国語の音楽を聞くことも中国語のリズムや音に耳をなれさせることができます!

中国語は難しいけど楽しい!

中国語はやっぱり難しいです。特に発音が。

しかしヨーロッパの言語と違い、文字が違う・日本国内にもネイティブがたくさんいる・旅行に行きやすいなどもメリットもあります。

教科書とにらめっこするだけでなく、気分転換もかねてYouTubeの動画を活用してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだアナタにオススメしたい!

それでは杖氏(@tsueshi-blog)でした。

ごきげんよう〜


コメント

タイトルとURLをコピーしました